« 北米自動車市場 (タイプ分け) | トップページ | 北米自動車市場 (高級車・スポーツカー) »

2013年7月 1日 (月)

北米自動車市場 (スバル・マツダ)

本日の話題は、日本の工場から主に輸出している企業と北米市場の関係について考える。

北米に工場を有するトヨタ、日産、ホンダを別にして、日系自動車会社米国市場の重要度について比較してみる。米国に輸出している会社は、スバル、三菱、マツダ、スズキである。この四社について米国の依存度を確認した。まずは、四社のワールドワイドの生産台数の推移を示す。

■ 自動車生産台数推移 (World Wide・単位:千台)
         2012   2011   2010   2009
  スズキ  2,894  2,726  2,893  2,388
  マツダ  1,185  1,277  1,144  1,134
  三菱   1,120  1,072  1,045   805
  スバル   692   764   639   625

日本国内の印象と異なるかもしれない。マツダと三菱は同じレベルで、これにスズキは3倍近く大きく、スバルは半分程度となる。
各社の国内生産の割合を示す。マツダ、スバルは国内依存度が高い。スズキは1/3強で、三菱はさらに低い。スズキが国内生産が過半数を占めていたのは2006年で、以降海外の生産が増え、国内は横ばいかやや減少となっている。
続いて、米国依存度の推移を示す。スズキ、三菱は米国依存度が低い。スズキについては2012年11月に米国での四輪車販売撤退を決定している。二輪については継続する。GMとの提携解消とリーマンショックの影響があったと思われる。2007年のスズキの米国での販売台数は10万台を超えていたが、2011年には2万台まで低下している。
三菱はクライスラーと関係が深かったが、2004年に経営支援の中止 (当時はダイムラー・クライスラー) し、2005年に資本関係も解消している。三菱重工からクライスラーとの提携(1970年)で三菱自動車として独立し、1985年にはマレーシアのプロトンと提携 (2004年解消) していた。1991にはボルボと合弁生産をオランダで行っている (2012年終了)。三菱グループ全体に見られる傾向であるが、海外メーカと提携して事業を始めるのが、提携による制限によって事業の拡張に支障を来すことが発生する。三菱自動車の場合には、ジープのライセンス生産が輸出制限になってパジェロを開発(1982年)することになった。これは成功した例であるが、欧州への進出のネッドカーや、米国のクライスラーは成果を上げたとは言い難い結果である。

■ 国内生産比率
        2012   2011   2010
  マツダ   71%   68%   72%
  スバル  76%   73%   74%
  スズキ   37%   35%   37%
  三菱    16%   17%   16%

■ 米国依存度
        2012   2011   2010
  マツダ   23%   20%   20%
  スバル  44%   42%   42%
  スズキ   1%    1%    1%
  三菱    5%    7%     5%

米国を重視しているのは、スバルとマツダであることが分かる。この二社は国内での生産割合も高い会社であるから、為替の影響が経営に大きく影響する会社でもある。マツダは来年操業開始予定のメキシコ工場からの米国市場に供給することを計画している。米国依存を大きくしては危険だという判断もあるから、中国市場への進出に熱心なようだ。一方、スバルは売れたくても自動車が無いという状況があったことから、米国での生産の拡大を計画的に進めることになるのだろう。スバルは規模が小さく、特徴的な製品によって差別化することが大切になる。スバルの2012年の国内登録車販売台数は8万台で、米国の33万台に比べて少ない。レガシィがどんどん大きくなるのは、このクルマが求められている米国市場向けの製品になっているからと考えて良さそうである。スバルの2012年米国の販売台数をモデルごとにまとめたのが下の通りである。

■ スバルの米国販売台数(2012年)
  Outback  117,553
  Impreza   81,799
  Forester   76,347
  Legacy    47,127
  XV       7,396
  BRZ      4,144
  Tribeca    2,075

日本に分けて貰っていると理解した方が良さそうな数字である。
明日は少量のスポーツカーや高級車市場について考えて、この項のまとめとする。


スバル・ブラットが米国から逆輸入された。レオーネのピックアップだが、なかなかカッコ良かった。昔の話である。

« 北米自動車市場 (タイプ分け) | トップページ | 北米自動車市場 (高級車・スポーツカー) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北米自動車市場 (タイプ分け) | トップページ | 北米自動車市場 (高級車・スポーツカー) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ