« 今日見たクルマはセルボだった | トップページ | 投票率と無効票 »

2013年7月22日 (月)

民主党の選挙結果

参院選惨敗を喫した民主党の海江田万里代表ら現執行部が続投に向けた動きを加速しているという。注目の薄い民主党について考える。


選挙に負けたのだから幹部に責任を問う声が上がるのは当然である。良いか悪いかは別にして、選挙命で生きている議員にとって選挙の敗北は唯一共通の価値判断であるから、責任問題にならないなら危険な政党であると言える。選挙結果は、民主党にNOを突き付けている歴史的な惨敗と言えるのだから幹部の入れ替えを考えないといけなくなる。
海江田・細野の責任を問う声が弱いのは、ポスト海江田候補である6人組の地元での選挙結果が芳しくなかったことによるようだ。6人組と選挙区の結果を示す。

   6人組     地元   地方区候補者(グループ) 選挙結果(民主党得票数・当選回数・順位/定員・1位得票数)
  岡田克也    三重  高橋千秋(鳩山)   317,261 現3 2/1     373,035
  安住淳元    宮城  岡崎トミ子(菅)     215,105 現3 3/2     421,634
  玄葉光一郎   福島  金子恵美(羽田)   240,842 現1 2/1     484,089
  枝野幸男    埼玉  山根隆治(鳩山)   389,625 現2 5/4    1,000,725
  野田佳彦    千葉  長浜博行(野田)   388,529 現2 3/3     680,706
  前原誠司    京都  北神圭朗(前原)   201,297 新  3/2      390,577

グループは参考になるかと思って記したが、グループが派閥としての結束が緩いか無いかの民主党であるので、あまり参考にならないと感じる次第である。もっとも、自民党の派閥も小選挙区になって昔の結束は失われているようだから、そんなものなのかもしれない。
さて、当選できたのは野田の千葉だけで、岡田の三重はまだましだが他はトップの半分程度の得票数とお話しにならない結果である。選挙だけが価値判断の尺度で生きていくなら、この結果を見たら大人しくしなければならないだろう。なお、前原の京都の候補である北神は新人になっているが昨年の衆議院選挙で落選しての鞍替えである。衆議院は2期務めている。つまり国会議員経験者が立候補していたということである。
順番に見ていく。三重の高橋は接戦に見えるが、維新(70,779)、共産(59,231)がその次であることからすると、選挙協力で逆転するのは難しい状況である。高橋は東日本大震災発生時に外務省宿直予定にも関わらず飲酒していたことが問題になっている。同時にセクハラがあったとの報道も出たが否定している。ブータン国王の宮中晩餐会を欠席した防衛大臣が話題になったが、欠席の先にあったのが高橋の政治資金パーティーである。良い話題が出てこない。
宮城の岡崎は、自民、みんなに負けて、共産、幸福実現の上であるから、選挙戦術に活路は見出せそうにない。旧社会党系である。ネトウヨの人から攻撃されそうな経歴である。みんなとの差は5,102票である。みんなの和田政宗が岡崎を狙った選挙活動を行っているから、逆風民主の左側の位置では活路を見出すのに苦労しそうである。共産は76,515票であるから、みんなと民主の一騎打ちということである。
福島の金子は議員定数が減った選挙区で、国務大臣の森雅子と争うというのだから難しい選挙である。それでも差が大きすぎる。
埼玉の山根はみんなに10万票近い差があっての次点である。維新の候補はないが、社民が6万票以上ある。社民は何をしたいのかとも思う。神奈川でも候補者を立てたが惨敗している。旧社会党の流れの全国組織があるから新しい政党からすれば魅力もあることだろう。保守色の強い政党ばかりが生まれるので協力し難いのだろうが、共産党との違いが分からないとすれば、幸福実現党の左側の反対の位置にある諸派に近付いてしまうだろう。まあ、社民は今日の話題ではない。山根の次は共産で差は3万6千票余りだから、小さな工夫では解決しない。旧民主党系の労組の支持があるようだが、労組で通る時代ではなくなったようだ。なんてたって、非正規労働者で溢れているのだから。
千葉の長浜は次点のみんなに10万票以上の差があるから楽ではないがなんとかなったのだろう。しかし、みんな、維新、生活と乱立している選挙区であるので、みんなと維新の調整があったなら厳しかっただろう。橋下のおかげといえそうである。
京都の北神は、共産に2万票近く離されての次点である。次は維新、みんなであるからこの二党が選挙協力をすれば共産に勝てた数字になっている。民主がみんなと組んでも同様である。前原は民主党の最も右側にあるからみんなや維新とも協力し易いだろう。それをしてしまえば民主を追われることになるのだが。

これでは海江田降ろしをしたくても出来ない。唯一買った野田は衆議院の敗北で謹慎中の扱いである。一方で、党東京都連の中山義活会長らは、参院選東京選挙区での候補者一本化を巡って党が公認を取り消した大河原雅子を支援した菅直人に対する処分を検討するよう申し入れた。だが、党幹部は「処分は必要ない」としている。左側を処分すれば、党がガタツキ、右側が維新と一緒になる流れでも出てきたら解党に一気に雪崩込みかねない。そうしたくても出来ない事情がある。

大河原雅子の件では4日公示の前の2日夜に公認取り消しをしている。都議会議員選挙の結果を受けて2人の立候補は共倒れになると判断しての結論であるようだ。都議会議員選挙がなくても2人は無理なのは分かっていたことで、調整は春から行われていたようだ。大河原は前回選挙で108万票を獲得してのトップ当選であるから、引けと言われてもそうはいくまい。その候補を2日まで応援する菅は、応援を止めるのは政治家の仁義に欠く行為だと考えるだろう。(そんなに深く考えやしない) 処分しろと吠える中山だって、菅の立場にあれば同じ行動をとっただろうと想像はつくから、中山が菅を嫌っているだけの話であろう。中山は前回の衆議院選挙で、64,676票の次点(当選84,663票)で比例復活も出来なかったのは菅内閣の責任だと信じたいというなら心中察するに余りある。
そもそもの問題は東京選挙区の一本化に手間取ったことである。都連会長に責任がないとは言えまい。手間取っているうちに、最高顧問と顧問が大河原を応援し始めたのなら、手間取った会長こそ責任を負うべきだろう。この辺の論理の組み立てと党運営が民主党がいつまでたってもアマチュア臭の強い政党だと感じる理由である。衆議院選挙の結果を分析すれば参議院選挙が苦しいのは必然である。そこでキズを最小にする選挙運営が党幹部に求められるのに、烏合の衆なので調整能力が全くない。これでは何回選挙を経験しても学習効果に乏しすぎる。

民主党が考えることは、選挙に負けたという事実を受け止めることから始めなければならない。誰のせいだと口にする輩は処分すれば良い。科学的な分析を行わずにだらだらとしていては次も、その次の選挙も同じことになる。邪魔な人間を害があるとして排除したがるのが敗戦後の政党の行動としてある。この純化行動は何も生み出さないのは、昔の左翼セクトの行動で知られてことである。純化するより、混沌とした状態を維持できる工夫が党勢を復活の為に必要な作業であろう。


先の衆議院選挙で、違憲判決は必然だろうが、選挙無効の可能性もある。すると選挙まで3年もない。

« 今日見たクルマはセルボだった | トップページ | 投票率と無効票 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日見たクルマはセルボだった | トップページ | 投票率と無効票 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ