« タイの自動車事情-2 | トップページ | 東京都議会議員選挙結果 »

2013年6月23日 (日)

沖縄戦、慰霊の日

沖縄県は毎年6月23日を太平洋戦争における沖縄戦の終結した日として、慰霊の日に制定している。沖縄戦での20万人以上の犠牲者をはじめ、海上、海外で亡くなった戦没者の冥福と世界の恒久平和を願い、糸満市摩文仁の平和祈念公園では毎年沖縄全戦没者追悼式が行われる。


太平洋戦争末期、地上戦で多くの住民が犠牲となった沖縄県は6月23日、戦後68年目の慰霊の日を迎えた。沖縄戦で最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園では、県主催の沖縄全戦没者追悼式が開かれ、参列者約5,800人が犠牲者の冥福と平和を祈った。(時事通信)

追悼式の主な参会者を拾った。
  安倍晋三 首相
  伊吹文明 衆院議長
  平田健二 参院議長
  岸田文雄 外相
  小野寺五典 防衛相
  ルース 駐日米大使

この辺りまでが重要人物で、山本一太沖縄北方担当相、丸川珠代厚労政務官 (田村憲久厚生労働相が日程の都合上を理由に欠席した代わりのようだ) 、橋下徹日本維新の会共同代表が参加している。沖縄の関係者以外にも出席した国会議員はいるだろうが、報道されていないので分からない。
首相が参列するのは1990年の海部俊樹が最初だという。結構な話だと思う。米国のルース駐日大使の出席は、1995年のモンデール大使以来、米大使としては18年ぶり2回目となる。こっちには米国の思惑が絡んでくるだろうが、勘繰らずに参加を光栄に思うのが良かろう。海外の要人が日本の戦争関連の式典に参加するとなると、国内に反対意見もあることだろう。思惑があっての参加というポーズを取って、純粋に故人を悼んで参加する人もあるだろう。それは思惑だけの人の方がずっと多いだろうことは想像されるが、全てがそうだと断定することもできない。外国と分かり合えるのは簡単でないだろうが、何もしなければ何も変わらないというのは確実に真実であろう。よって、参加に敬意を表する。
外国ならそれでも良いが、国内だとそうもいかない。正午に黙とうをささげることを何かの免罪符にして貰っては困るのである。外務、防衛両相がそろって参加したのは1962年に式典開催から初めてであるという。これには、沖縄にすり寄って、米軍普天間飛行場の同県名護市辺野古沿岸部への移設や、新型輸送機MV22オスプレイの追加配備を片付けようと思っていると言われて仕方ない。この二人は国会議員であるから、国民の代表であり、この国民には沖縄県民も含まれる。逆に、二人は沖縄を分かり合えない外国と認識しているのだろうか。外国にこの仕打ちなら戦争になってもおかしくないとさえ思えてしまう。

糸満市摩文仁の平和祈念公園には沢山の慰霊施設がある。その中の一つに、島守之塔がある。島守之塔は、沖縄戦で殉職した島田叡 (しまだ あきら) 知事と県職員453名を祀る慰霊塔である。1951年に旧県庁の生存者三百数十人や県民を中心とした浄財の寄付により建立されたという。
島田叡は神戸の出身で、東大を卒業して内務省に入っている。沖縄県の知事となったのは1945年1月だというから、死ぬ為に沖縄に向かったことになる。付け加えると、当時の知事は官選である。前任の知事が米軍の沖縄上陸が迫っていて逃げた (まあ、そういうことだろう) ことから後任となった。戦時下の沖縄県民の為に尽力したことで知られる。沖縄戦の激化の中でも、「県土の草木一本にまで責任を持つ」として県知事として執務を継続したと言われる。1945年6月に亡くなったと言われるが、事実ではないとする見解もあるようで、現在でも、、財団法人島守の会によって、行方不明であった島田叡の終焉の地の調査が進められている。
また、高校野球で夏の沖縄県大会を制した高校に、島田杯が授与される。これは島田が学生時代、野球やラグビーに長けていたことに関係する。
島田叡のことを知りたければ、検索すればいろいろ出てくる。しかし、内容は乏しい。この乏しさが沖縄戦の悲惨さを想像させる。興味がある人は然るべき書物にあたることとお奨めする。


今回式典に参加した国会議員で島守之塔に行ったという報道を見ない。島田叡は沖縄では伝説のヒーローであるが、本土では神戸の一部以外にはあまり知られていない。神戸の関係者が思いつかないが、小池百合子は兵庫県だが芦屋の出身だし、毎度お騒がせの高市早苗は大学は神戸だが出身は奈良だ。そういえば、上で小物扱いした丸川珠代は神戸市の出身 (選挙区は東京) だ。ヤジを飛ばすよりやすべきことは沢山ある。もちろん、何もしないのが世の中の為になる人もいる。
橋下徹ならラグビー繋がりがある。マスコミにこれからどこにと訊かれたら、観光と答えて島守之塔に行けばよい。報道されなくても知る人はでるものである。この位の知恵を付けてくれる人がいないところが、政治家の悲しさである。
東大関係者なら以前より減ったとはいえ沢山いるのが国会だろう。大学の先輩のところに行くというなら、角の立たない言い訳になるだろう。まあ、言い訳ばかりしていても仕方ないのではあるが。


橋下は小金稼ぎのタレント発言を撤回、謝罪した。高市は撤回し、おわび申し上げると陳謝した。言葉が軽い。

« タイの自動車事情-2 | トップページ | 東京都議会議員選挙結果 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイの自動車事情-2 | トップページ | 東京都議会議員選挙結果 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ