« 沖縄戦、慰霊の日 | トップページ | 東京都議会議員選挙結果-2 »

2013年6月24日 (月)

東京都議会議員選挙結果

東京都議会議員選挙(定数127)は6月23日、投開票が行われた。自民党は安倍内閣の高い支持率を背景に、59人の全員当選を果たし、4年ぶりに都議会第1党の座を奪還した。現職のみ23人を擁立した公明党も6回連続で全員当選し、自公の与党で82議席となり、過半数(64議席)を大幅に上回った。現職中心に改選前の議席維持を目指した民主は、改選前の43議席から15議席となり、第4党に転落した。都議選初参戦となった維新の会は34人を公認したが、苦戦し2議席にとどまった。一方、20人を公認したみんなの党は改選前の議席を大きく上回り、7議席を確保した。全選挙区に42人を立てた共産は改選前の8議席から17議席へと倍増し、条例提案権のある11議席を上回った。投票率は、過去2番目に低い43.50パーセントだった。

選挙結果について考える。

自民党と公明党は立候補者全員が当選している。公明党は立候補者の調整を厳密に行っているようで毎度全員当選であるが、複数の候補者を擁立している選挙区が多数ある自民党の全員当選は圧勝と言える。一方、前回選挙で第1党であった民主党は惨敗と言える。議席数は共産党より少ない結果となった。日本維新の会は昨年の衆議院選挙のときの熱は感じられず静かな選挙戦であったようだ。10議席獲得という話が以前はあったが、消え去ってしまった感がある。日本維新の会と国政で選挙協力をするとかしないとかいっていたみんなの党は、一定の存在感を示した。共産党は自民党批判票の受け皿になったようで、大幅に議席数を増やした。都議会議員の政党別の獲得議席数を下に示す。

■ 2013年都議会議員選挙政党議席獲得数
   政党名      当選者数
  自由民主党      59
  民主党         15
  公明党         23
  日本共産党      17
  日本維新の会     2
  みんなの党       7
  生活者ネットワーク  3
  無所属          1

無所属の当選者があったので確認したら民主党の党員であった。民主党が現職議員を公認しなかった為に無所属で立候補していた。当然、その選挙区には民主党の候補が立ったが落選している。該当する渋谷選挙区 (議席数2) の結果を下に示す。

■ 渋谷選挙区投票結果
  藤井敬夫(46)  みんなの党     6,216
  浜田浩樹(35)  民主党        8,266
  折笠裕治(55)  日本共産党     8,027
  小林崇央(42)  日本維新の会    5,615
  村上英子(57)  自由民主党    19,230 ◎
  大津浩子(52)  無所属       14,501 ◎

五月に公認をめぐるゴタゴタが報道されている。大津浩子は前回選挙でトップ当選であるから、公認を外れる理由を求めるのは当然のことである。区市町村議員団の1/3以上の推薦を候補選定基準の一つとしているようだが、これはすべての候補者が満たしている要件ではなさそうなので、内部で足の引っ張り合いがある様子が見える。民主党の浜田は新人で、52歳の現職の女性候補を外して、35歳の新人を公認する感覚が理解できない。民主党は苦戦必至で立候補者を調整していた筈である。現職を優先しても前回勝ち過ぎた民主党は候補者が多く共倒れの危険性は高いと判断できた。立候補調整の優先順位は、当選しそうな現職、当選しそうな新人、危ない現職、危ない新人の順であるべきだろう。同じ選挙区で現職が二人いる場合に一人を降ろすのは難しいだろうが、現職と新人なら調整可能だろう。浜田は公認なしでは更に票を減らしただろうから、前回勝った候補を置き換える意味が理解できない。この選挙音痴な戦い方は民主党の選挙に良くみられるところである。党の為に候補者を犠牲にするという決定を出来る人がいない。よって選挙に弱いのだろ。小沢が抜けてから更に優柔不断が進んだようだ。また、民主党は女性に弱い部分が見える。この大津の公認外しも女性蔑視とも見えてしまうから、対策をしなければならない。実際、自民党より女性を軽く扱っているようにも見える。

各政党の獲得票数を確認する。政党所属はそのまま振り分けられるが、無所属で推薦を貰っている場合はその政党に振り当てた。上記の大津も民主党に含めている。結果を下に示す。

■ 政党獲得票数
   政党名       獲得票数
  自由民主党     1,633,304
  民主党         706,646
  公明党         639,160
  日本共産党      616,722
  日本維新の会     374,109
  みんなの党       323,892
  生活者ネットワーク  106,422
  行革110番       18,470
  社会民主党       12,948
  生活の党         9,563
  みどりの風        6,463
  東京維新の会      3,306
  緑の党           3,224
  大統領会          421
  無所属          77,630
   合計         4,532,280
      ※ 推薦候補は政党に振り分け、無所属の大津ひろ子は民主党に含めた。

立候補者が多い分、民主党は惨敗しても獲得票数は第2党である。すべての選挙区に候補を立てているのは、自民、共産、民主(推薦含む) である。これに公明を加えて、前回、前々回との獲得票数の割合を下に示す。

■ 主要政党獲得票割合 (%)
    選挙年     2005    2009   2013
  自由民主党   30.70    25.88   36.04
  民主党      24.50    40.79   15.59
  公明党      18.00    13.19   14.10
  日本共産党   15.60    12.56   13.61
     投票率     43.99    54.49   43.50

前回、民主の躍進は投票率のアップが関係していたが、今回は低調であった。といっても前々回並みとみることも可能である。前々回との比較で、民主は9減らし、自民が6増やした。公明が4減らし、共産が2減らしている。減らした分は、日本維新の会やみんなの党に流れたのだろう。
都議会議員選挙は中選挙区のイメージであるので、参議院の地方区に近い。細かい解析は明日行うことにする。


橋下発言は問題視されても、高市発言は不問というのは不思議である。

« 沖縄戦、慰霊の日 | トップページ | 東京都議会議員選挙結果-2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄戦、慰霊の日 | トップページ | 東京都議会議員選挙結果-2 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ