« 消費者金融と法律事務所で過払い返還に密約 | トップページ | 一票の格差:高裁のまとめ »

2013年3月25日 (月)

福山競馬63年の歴史に幕

中国地方唯一の競馬場が63年間の歴史にピリオドを打った。3月24日、福山競馬12Rをもって、福山競馬場(広島県福山市)の開催が終了した。

福山競馬の年間の売得金額を調べた。売得金とは、勝馬投票券の発売金から返還金を引いたものである。福山競馬ホームページの資料より集計した。

[百万円]  年間売得金
2007      13,590
2008      12,650
2009      12,425
2010      11,853
2011      12,271

2007年以降横ばいで推移している。2012年は、第4四半期が公表されていないが、1Q-3Qの合計額で2012年は前年度の△7%である。2011年の中央競馬会 (JRA) と地方競馬全体の年間売得金は、
  JRA     22,936 [億円]
 地方競馬   3,314 [億円]
である。JRAと地方競馬で差が大きくある。地方競馬ならではの魅力をつくるというのは言うほど簡単ではないだろうから、経営環境は厳しい。パチンコ・パチスロとは競合関係にあるだろうし、ネットを利用した金融商品も投機的色彩が強いものがあるから、影響を受ける関係にあるだろう。参考の為に記すと、公益財団法人日本生産性本部のレジャー白書2012によると、パチンコ業界関連の市場規模は18兆8960億円という。至る所にあるギャンブル施設は市場規模が大きい。ただし、これも前年比△2.5%というから成長産業とは言えないようである。

競馬のシステムを理解していないので、払戻金の計算方法を確認することにする。勝ち馬投票券は1枚10円を10口単位となっている。面倒な表現になっているが、100円単位であるということである。念の為記すと、競馬は競馬法に基いている。計算は以下のように行われる。

■ 第一号算式
 ( 勝馬に投票された金額 + 負馬に投票された金額÷勝馬の頭数) × ( 1 - 18% ) = T

■ 第二算式
 ( T ― 勝馬に投票された金額 ) × 10% = t

 T ― t = 払戻金として配分される総金額
 ( T ― t ) ÷ 的中枚数(1枚10円) = 1枚(10円)あたりの払戻金

第一号算式の18%を第一控除率と呼び、第二号算式の10%を第ニ控除率と呼ぶ。勝馬の支持率によって控除率が変わることになり少々複雑な計算になっているが、結果としては18%から26.2%になることを示している。控除された投票総額の10%が国庫に納付され、残りの金額が競走の賞金や運営などの費用に充てられることになる。なお、払戻金は100円に対して10円未満は切り捨てられ、10円単位の配当となる。誰も勝馬に投票していなかった場合には胴元の総取りではなく、この控除率を適用して10円未満を切り捨て全ての投票券に対し70円の戻しとなる決まりである。

主催者の経営としては、控除率を高くしたいが人気に影響が出てしまう。実際には単勝のような払戻金額の低いタイプでは控除率が無視できないが、三連単のような高額配当が期待できるタイプでは控除率はそれほど問題にならない。フランスでは単勝・複勝馬の控除率を引き下げて売上を伸ばした実績がある(2007年)。参考の為に調べたところ、単勝の場合の控除率は、イギリスで13.5%、アメリカのニューヨーク州で15%、フランスも15%であるようだ。数字の正さは確保されていない。本国の然るべきサイトを参照するのが正しい仕事だが、そこまで興味がわかなかったのでここまでとする。
法律で決められている部分があり、主催者が自由に設定できないが、他と同じでは商売にならないのはどんな職業にも共通する。地方競馬が、中央の下にランクされていては売上アップは難しい。福山競馬の2011年で、1日あたり売得金は福山競馬開催と他場開催分とで比較すると、他場開催分は全体の12%に過ぎない。地方競馬の魅力が乏しいところはあるだろが、場外馬券場としてやっていくのも大変な様子が見える。
今日で最後だというと情緒的なお客が沢山現れるが、これらは狭義のファンではないだろう。パチンコにお金を落とすより、競馬の方が確実に国庫に入る分では良いのだろうが、みんながみんなギャンブルしているようでは困ってしまう。昔は競馬で家を失ったという人が伝説として語られたが、パチンコは依存症の話はあっても家は失う話を聞かない。金持ちはこの手のことにのめり込まないのだろうか。代わって、先物や為替(FXだ)ですった話を聞くようになったが、これらも儲からない話の代表の様な気がする。私だけは違うというのが、破滅に向かう人の共通したセリフのようだから、私だけが違うと感じる人はギャンブル(投機性の高い金融商品を含む)には手を出さない方が良いだろう。
競馬をやらないので、取り留めのない話になってしまった。


JRAというのはJapan Red Army だと思ったらJapan Racing Associationだった。1987年に変更したというが、日本赤軍は記憶の彼方になっていたのだろうか。

« 消費者金融と法律事務所で過払い返還に密約 | トップページ | 一票の格差:高裁のまとめ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消費者金融と法律事務所で過払い返還に密約 | トップページ | 一票の格差:高裁のまとめ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ