« 携帯基地局 | トップページ | 微小粒子状物質:PM2.5 »

2013年2月11日 (月)

中国人民解放軍

防衛省は2月5日、東シナ海の公海上で1月30日、警戒監視中の海上自衛隊の護衛艦が、中国海軍のフリゲート艦から射撃の照準を合わせる火器管制レーダーを照射されたと発表した。1月19日にはヘリコプターも照射された疑いがある。火器管制レーダー照射は極めて異例で、外務省は2月5日、中国に厳重抗議した。

この問題で、日本と中国はすったもんだしているのであるが、中国軍とは何かを考えてみる。

中国軍と簡単に呼んでしまうが、正式名称は中国人民解放軍である。この下に陸・海・空の三軍が属している。中国共産党中央軍事委員会が、中国共産党の軍事組織である中国人民解放軍を指導する。つまり、人民解放軍は中国共産党の軍隊であるということである。なお、中華人民共和国憲法には、人民解放軍を国軍と規定した条文はない。他に軍隊があるかというと、そういうものは存在しない。中華民国の軍隊である中華民国国軍があるが、別の国であることを互いに認めない立場を取るので、どういう説明がなされるのだろうか興味はある。第三国からみればそれぞれの軍に過ぎない。脱線した。話を戻す。政党軍隊が事実上の国軍である理由を考える。中華人民共和国では、中国共産党が国家を領導することが謳われている。また国防法では、「中華人民共和国の武装力は中国共産党の領導を受ける」「武装力の中の共産党組織は、党規約に従って活動する」とあるため、中国共産党が軍事を支配することになっている。
こうなると中国共産党とは何かが問題となる。中国共産党は、党における最終目標と最高の理想を、共産主義の実現であるとしている。よって、中華人民共和国は現在共産主義を実現する為の初級段階として社会主義を行っているということになるようだ。そんなことを言いながら、市場原理に基づく市場経済を導入してしまうことは逆行することに思えるのだが、社会主義自由経済という便利な言葉を生んで矛盾が無いことになっているようである。
中国共産党は一党独裁であり、言論統制をしている。そんな場所に自由競争は馴染まないと思うが、彼の国の人達はそれで不都合はないようである。不都合はあるが、それがルールなら受け入れなければならないというのは、別のサイドに暮らす人にもある話だから不思議なことではない。
もう論理的に閉じない状況に入ってしまった。それでも、もう少し進める。中国共産党は、国防、科学、工業、農業技術の現代化を実現して、国を富ませ強くし、民主的かつ文明的な国を建設することによって共産主義を実現することを目指している。その為の手段として、民主的でも文明的でもない手段を使って良いと思っているなどと考えてしまうのは、この体制の外にいる人間だからであろう。高い志を掲げても、低い者と同じ手段に手を染めれば、その志は実現できないものなのは歴史の必然と思ってしまうが、もっと高度な思想なのだろうと考えることとする。揚げ足取りでさっぱり前に進まない。
中国共産党が国の最高の機関であり、それに人民解放軍や政府や司法や立法がぶら下がって、共産主義の理想国家の樹立を目指して日々活動しているということである。この考え方では、国家 (ここでは政府と理解して良いだろう) は暴走する暴力組織と考えているから、暴走を制御する軍を管理するのは共産党であるべしとするのは自然な流れになる。それでは、共産党幹部が法律違反をした場合には誰が裁くかと考えると、きっと共産党であるのだろう。共産党はいつでも正しいということだ。この手の聖職者のような話はほころびが生じると決まっている。誰も裁けない特権を与えられれば、悪さをするのは江戸時代のお代官様に限らない話である。

中国共産党批判をするつもりはないのだが、論理的な破綻は受け入れないことを信条としているので、自分自身の勉強不足は棚に上げて書いてみた。それほど興味はないので、今後書くことは無いからもろもろご容赦願いたい。
冒頭のレーダー照射に戻す。このようなポジションにある人民解放軍なので、西側の国にある軍隊と同じと思ってはいけない。勝手に艦長か、その下かが判断して行動したと想像した方が整合性はとれる。一方で中国政府は国軍を政府が統制できていない状況を海外に発信するのは受け入れ難いだろうから、そんな事実はないと言うほかにない。文民統制は実現されているのかという疑問をもったが、共産党が王様で、人民解放軍が王様の常備軍と思えば、17世紀の英国のイメージになるから、文民統制などという下世話な考えは考慮することはないのだろう。必要なら、社会主義自由経済のように新しい言葉で、エレガントな概念が提示されることだろう。
自衛隊が有する証拠を開示するか否かの議論がなされている。人民解放軍相手にムキになっても仕方ない気がする。政府と軍が指揮系統が別であるのだから、正しい解答が出ることは期待薄である。軍事的な情報の流出があるだけだから、ここの所は、中国政府に日本はインチキな情報で騒ぎを大きくしていると言わしてあげれば良い。人間も国家も追い詰めるとロクなことが無い。


共産主義の話はいろいろ読んだが理解できない。正しい左翼ならこの位理解しなければ。

« 携帯基地局 | トップページ | 微小粒子状物質:PM2.5 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 携帯基地局 | トップページ | 微小粒子状物質:PM2.5 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ