« サッポロのセブンプレミアムビール | トップページ | JR九州の鶏卵事業 »

2012年12月13日 (木)

日産がハイブリッド大量投下に転換

日産の志賀俊之COOは12月12日、環境への取り組みに関して会見した。既存車種のモデルチェンジを含めて2016年までに15モデルのハイブリッド車(HV)を投入することを明らかにした(うち1モデルはプラグインハイブリッド)。日産のHVはこれまで2モデルのみの投入にとどまり、トヨタ自動車やホンダに比べて少ない。トヨタは15年までに21車種のHVを投入する方針である。


2010年12月に、本格的な電気自動車(EV)として日産が世界で初めて市場に投入したリーフは、現時点までの全世界累計販売台数が約4万6000台となっている。日産では神奈川県の追浜工場で年間5万台の生産能力を保有しており、能力に比べると四割程度の販売実績に留まる。航続距離や充電インフラ、価格などの問題などからEVの販売はスローペースで推移している。
充電インフラは自宅で充電可能かどうかが最も大きな要因になりそうである。急速充電施設などはさておくとして、航続距離と価格について考えてみる。日産のセダンとコンパクトカーで現行車種より選んで、寸法と重量とエンジンを記す。それにEVのリーフとi-MiEVを加えた。

モデル  全長 全幅 全高 重量  エンジン(出力)
---------------------------------------------------
ティアナ 4850 1795 1475 1785 2495cc (136kW 232N・m)
シルフィ 4615 1760 1495 1230 1798cc ( 96kW 174N・m)
ノート   4100 1695 1525 1090 1198cc ( 72kW 142N・m)
ラティオ 4425 1695 1495 1030 1198cc ( 58kW 106N・m)
---------------------------------------------------
リーフ  4445 1770 1550 1440 モータ ( 80kW 254N・m)
i-MiEV  3395 1475 1600 1080 モータ ( 47kW 180N・m)

ガソリン車の場合、燃料タンクの大きさは通常使用で400km程度走行可能な程度に設定されているようだ。ただし、100リットル以上は消防法の問題があるので上限はここまでとなる。
三菱が説明するところによると、i-MiEVは、市街地で冷暖房を使わないときが120km、冷房を使うと100km、暖房を使うと80kmというのが目安だそうだ。リーフも同レベルであるようだ。冷房より暖房の方が電気を食うのは同じで、リーフは今回のマイナーチェンジで暖房の電気使用を抑えたという。ざっくり100kmというのがEVの航続距離のようだ。
実用上は一日の走行距離は40km以下がほとんどだとする調査を読んだ記憶がある。毎日、自宅充電で済ませればよいというのはその通りなのだが、自動車を買うのは便利だけでないということだろう。八人乗ることはなかったり、オフロードを走ることが無かったり、200km/h以上のスピードを出すこともないのだが、その手の自動車を買う。少々合理性を欠く愚かさを、きれいな言葉で購入動機と呼ぶようだ。
リーフの価格は補助金が入って約250万円で、上記だとシルフィに近い。EVは知的なイメージで売るのが本道だろうから、寸法もむやみに大きくはせず、ただし内寸は同価格のそれより大きいといった必要があるのだろう。
リーフの電池は24kWhで、i-MiEVは16kWhである。リチウムイオン電池のエネルギー密度は100Wh/kg前後だと思って良いから、電池重量でリーフは240kg、i-MiEVは160kgがある。三菱iの重量が900kg前後であるので、EV化すると電池分だけ重くなると考えられる。つまり、ガソリンエンジンとトランスミッション等の重量は、電気モータともろもろの重量とほぼ等しいことになる。リーフの電気モータをガソリンエンジンに置き換えるとシルフィになる。逆にティアナのエンジンを100kWの電気モータに置き換えると車重は2000kgを超えて、走行距離は短くなり商品が成立しないということなのだろう。
標準的な例で車重が100kg重くなると燃費が10%悪化する=走行距離が短くなるというから、これを仮定としてリーフの重量を減らして走行距離がどこまで伸びるかを考えてみる。電池やモータは同じままで、ボディの軽量化をするとしよう。ホワイトボディは300kgとする。炭素繊維に替えるとして外側は鉄かアルミにしなければならないだろうから、ダイエットできるのは100kgだろう。もう100kgはサイズを小さくするよりない。マツダのロードスターは1100kgなので2シーターに割り切れば減量できるが、台数は出そうにない。それでもEVのイメージリーダーとして炭素繊維を使った量産車として出せば注目はあるだろう。走行距離も二割増しの150kmになる。実際にはハイテク素材を用いずに、マーチくらいのサイズにまとめて軽量化が現実的だろう。リーフは大柄で重いのは事実であり、iMiEVでは小さいという顧客をつかみ切れていない。

プリウスが出たとき売れないと専門家の多くは思っていた筈だ。それが注目されてHVが主力製品になった。その理由はいろいろな本が出ているだろう。今日、HVが売れているが、HVが売れているのではなくプリウスが売れている。アクアがあるという人があるだろうが、プリウスの小さいのと思って買うのだろう。人は理性だけで製品を選ばない。マーケティングは、人の理性から外れた愚かさをつかむ作業になっているだろうか。経験しないものを人は判断できない。市場調査の網からこぼれた所に成功はある。EVは理詰めでやっているようだが、魅力を構築するに至っていない。成功した商品は、理性で整えた背骨の上に、愚かさのスパイスがかけられているものだろう。


理性のある者は正しく諦める。愚かな者は諦めずに、成功する。

« サッポロのセブンプレミアムビール | トップページ | JR九州の鶏卵事業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サッポロのセブンプレミアムビール | トップページ | JR九州の鶏卵事業 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ