« 暴力団排除、福祉事業も対象 | トップページ | 政党に求めること »

2012年11月28日 (水)

嘉田新党

日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は27日、山形県酒田市の集会で、嘉田由紀子滋賀県知事が新党結成を表明したことについて、「僕は政治グループを束ねてきた自信があるが、嘉田知事はその経験がない。脱原発グループができても、何もできないのではないか」と批判した。
さらに、「脱原発と言うのは簡単だが、(原発全廃までの)プランをどうするのか、政府ですら作れていない」と強調した。


嘉田のもとに、小沢、亀井が集結して、原発からの卒業という題目を与えた図式である。それならと、みどりの風も加わり、行き先を失った減税日本も加わるということになる。社民党も選挙協力をする可能性もあるが、こちらは組織力も落ちているから影響は限定的だろう。共産党は理屈に合わない話には乗れないから協力は難しいだろうが、小選挙区で協力するようなら素晴らしい。
しかし、よく考えてみると嘉田は知事のままであり、前職の国会議員も持たない。小沢と亀井はもともと一緒になる組み合わせであるから、計画通りの合流にインパクトを与える為に嘉田を加えた。もっと言えば嘉田という表札を付けるのに、卒原発のお題目が必要だったとも見て取れる。
嘉田は、原発銀座の若狭湾から近く、古い原発が多くあり、事故に関する懸念が高い地域の知事である。会見で隣に座っていた飯田哲也は、原発再稼働に反対する主張をしていた。飯田は大阪府特別顧問をしていたから橋下に近い訳だが、石原を取り込んだ後では、維新では反原発は達成されないと考えたのだろう。実際、維新の会は、2030年代までの原発稼働ゼロの政策目標を衆議院選の公約に盛り込まない方針だと言う。

烏合の衆の印象は免れないが、選挙が近いなかで埋没することが最もやってはいけないと判断したのは正しい。何しろ、小沢は選挙命である。嘉田が女性であることも有利に働く要素になっている。石原・橋下の組み合わせは、男尊女卑の印象がある。男イメージが力強さにつながればプラスだが、女性蔑視になれば確実にマイナスだ。実際、維新の会は女性候補が少ない。これに対して、小沢は小沢ガールズと呼ばれるシンパを抱えていている。裁判の無罪判決確定はあっても、目立つとややこしいから、適当な看板が必要なのだろう。亀井はバカボンのパパの様な人相だが、警察官僚出身であるし、山田正彦では地味過ぎる。急拵えにしては良く出来ている。良く出来ていることと選挙に勝つのは別の話ではあるが。
この影響は、橋下に強く出るだろう。橋下は頭が良いのだろうが、発言するたびに災いをもたらす本音がでてしまう。金がない党だとか、五人や十人の議員では何もできないとか、みんなの党との選挙協議で最後はジャンケンで決めればよいとか、どれも誰かを傷付ける。その刃の先にいる者は橋下を恨むだろう。金は候補者に求めている(一方でパーティー券の売上は党に入る)。五人、十人は一山幾らの候補者であると言っている(候補者は軽く見られ、選挙民はなめられる)。ジャンケンは選挙準備を長く行ってきた他島の候補者に礼を欠く。橋下が小さな問題とした原発を最大課題にした第三極が急浮上したのは痛い。既存政党が主張するのはいつものことだが、橋下が投げ出したテーマを引き受けた形にしたくはなかったはずである。人が嫌がることをするのが戦いの基本だから、小沢は上手いと言えよう。

中央の役人が主体となる構造の改革は、東京や大阪、愛知ならその通りだろう。しかし、鳥取や島根、高知は委ねられても財源が乏しく、それを自己責任と言われたら、規模の拡大を行わざるを得ない。だから、道州制の実現だとなるのだろうが、田舎の地位向上は達成されないのだから、貧しい地方では国が隣の県の中央に移るだけなら変わりはしないと思うだろう。中央の余った官僚は地方に移るのだろうから、単純に財源を移動させるだけですべて解決にはならない。移さないともっと悪くなるのには賛同するが。
こんな複雑な話を柱にされても投票判断出来ないだろう。こんなことも分からないのかと小馬鹿にした発言や態度が見えてしまうことが橋下の弱さなのだろう。


小沢は選挙命で、菅直人は権力命、鳩山由紀夫は自分が皇室並みに扱われることを期待しているようだ。安倍は単純にちやほやされたいようにしか見えない。

« 暴力団排除、福祉事業も対象 | トップページ | 政党に求めること »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暴力団排除、福祉事業も対象 | トップページ | 政党に求めること »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ