« プロ野球:統一級 | トップページ | 化学プラント事故 »

2012年10月26日 (金)

石原新党

石原慎太郎東京都知事の知事辞職、新党結成表明は、政界にも大きな衝撃を与えた。石原氏は、日本維新の会との連携に意欲を見せている。次期衆院選の構図を一変させるとともに、政界再編の起爆剤になる可能性もある。

石原紙は保守系の政治家(青嵐会に所属していた経歴からするとタカ派と称して良かろう)であるが、かなり独自な色がある。個別の思想は理解するものの、全体としては理解し難いものである。主張が明確であること、明確な敵を設定して激しく攻撃する手法が、頼もしい父親像に映ると思う。
最近の発言では、
 ・地方交付税の廃止
 ・原発廃止に反対
 ・消費税あり
 ・現在の憲法は破棄
としているようだ。
自民、民主に対抗する「第三極」の構築に向けて、日本維新の会やみんなの党と連携すべしとする考えだ。石原新党の母体となるのはたちあがれ日本であるが、政策の不一致があり両党との連携に難色を示している。これに対して、「大眼目は官僚支配を壊すこと。(政策は)選挙後に擦り合わせたらいい。共鳴してくれる政治家と大連合を考えるべきだ」と主張する。石原氏は「(各党で主張に違いがある)原発や消費税は大事だが、ささいな問題だ」と強調する。
主張の完全な一致があれば別の党である理由はないのだから、政党間で譲れない理由が一つ二つはあるものだろう。その理由の一つが誰それは気に入らないという、非常に個人的なものでるとしても一緒に行動はとれないものである。小異を捨てて大同に就くとは言いながらも、そもそも大同にあたるのは、中央(役人)支配からの脱却であるまでではなく、その次の世界観を示すくらいまでは含めて欲しいものである。そのときに、消費税や原発の位置付けが小異で済むのか判断したい。それを方針決定がなされていない段階で、まず集まって対抗することが重要とするのは何をしたいのか訊いてみたくなる。

都知事の四期目の立候補時にも年齢が高いこともあり、途中で投げ出さないか話題になっていた。年齢のことはともかく、三期目の最後の方は都庁に来るのは週三回程度であると指摘されていた。これは年齢に関係する問題、健康上の問題である見かたもあったが、今回の会見を見る限りにおいては健康そうである。
オリンピックの招致に失敗したことと、息子の伸晃氏が自民党総裁になれなかったことで、都知事職に飽きてきたこともあって投げ出したように見えてしまう。飽きるというのは、これまでの行動の下に脈々と流れる基本と思えてしまうのである。

第三極として集まるといっても、共産党や社民党と一緒になることはないだろう。これまでしないと薩長連合と呼ぶには不足だろう。石原氏は、共産党はお嫌いのようだし、社民党の女性重視の姿勢はお気に召さないようだ。小沢氏とはそりが合わない様子を公言している。第三極とは選挙互助会であるとしたくないなら、共産党と協議する姿勢くらいは打ち出して貰いたいものである。竹島、尖閣のあり方については、右翼の主張より、共産党の方に理があるように思える。誰とでも話し合うし、必要な協力を行う、とする建前で、部分的な一致があれば協力を開始するのが実務ではないだろうか。
実は石原氏はまとまると言いながらも、自分に対して頭を下げて協力させて貰いますという者だけを吸収するのではないか。この驕った態度が石原である。これを否定してしまったら、頼れる父親像から遠いてしまう。石原が石原である限り、まとまるのは腰巾着ばかりだろう。
少なくとも、三男の宏高氏を国会議員に戻すこと、伸晃氏を総理大臣にすることが目標であるのは表に出ないにしても正しいのではないか。


みんなの党のパネルの「ひとりじゃない」は、江田もいるよに見えてしまう。

« プロ野球:統一級 | トップページ | 化学プラント事故 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プロ野球:統一級 | トップページ | 化学プラント事故 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ